断熱性を高める家作りは外側・内側の気密性を高めよう

日本列島南北に長く、気候の変化も激しい。家作りも各地によって違って来ます。

特に断熱性に関しては顕著にその特徴が現れます。北に行けば寒さ対策、南へ行けば暑さ対策。

それぞれに違ってきます。いずれにせよ、暖房冷房の手法は兎も角として、その効率を最大限に活かす家屋作りに心がけねばなりません。重要になってくるのは住宅建材です。如何にして熱を伝えにくく出来るかがポイントです。

大きく分けると外張り断熱と充填断熱に分けられます。

外張り断熱は、簡単に言うと外壁そのものを断熱性の高い素材にしてしまうこと。リフォームの場合は、現在の構造体に外側から施工する事も出来ますし、施工も比較的容易に出来る事がメリットになります。もう少し掘り下げると、断熱材を施工するのと併せて、耐熱塗料を塗布する方法もあります。これは、外張り断熱が難しい屋根部分等に有効です。ただし、留意点として余り重い断熱材や30mm以上の厚みがある断熱素材に関しては、下地施工をしっかりと行い専用のビス等できっちり固定する必要があります。

一方、充填断熱の場合は、外壁と内壁の間の隙間に様々な種類の断熱材を隙間無く充填する事で、気密性を保つ事が出来ます。コスト面でも抑える事ができ、外張り断熱に比べ施工単価を安くする事が出来ます。グラスウール等の空気を閉じ込める繊維系の断熱材を筆頭に、発泡プラスチック系の断熱材等様々な種類があり、断熱性や遮音性、コスト面での融通が利きます。

ただし上記の充填断熱は鉄骨・コンクリート造りの場合は外の熱や冷気を伝えてしまい、熱逃げ・結露が発生してしまいますので、グラスウールなどの充填断熱材が使えません。その代わり、吹き付けによる発砲ウレタン材で断熱効果を得るパターンや、外断熱材と併せて内壁材の厚みを充分にとって内壁自体に断熱効果を持たせて気密性を高める施工方法が一般的になって来ています。内壁の石膏ボードと外壁材の間にグラスウール断熱材等を密着させ、丁度ダウンジャケットのように外壁との間に空気層を作って断熱効果を更に高めようとする工法です。鉄骨造りの場合はそうした断熱方法が一般的です。

外壁内壁に限らず、基礎を含めた土台部分や床下の断熱も同様にして充填断熱方式を用いることが多いですし、寒い地域は床暖房を採用したり、家全体に空気が循環する方式を取り家屋全体を寒暖の激しさが極端に発生しないようにする方法もあります。

屋根素材や屋根裏に関しても外壁の断熱方法と同様に外張り断熱と充填断熱を組み合わせるパターンが多いです。

こうして、断熱効果を高める施工方法が進化して来ています。

<特別サポート>女性向けエステ.com|内職 アルバイト|マッサージのリアル口コミ.com|住宅リフォーム総合情報|内職|家計見直しクラブ|お小遣いNET|JALカード|GetMoney|サイドビジネス|アフィリエイト相互リンク|ページランク ランキング|英語上達の秘訣|健康マニアによる無病ライフ|