注文住宅は最近の事情で耐震性の有る建物に魅力、 

現在、注文住宅を建てるべく、色々な方面で情報を取りながら探している最中です。
手近なところでは、机上では色いろ有る有名な住宅メーカーのホームページを開いて、各メーカーの建築様式や間取りの具合、それに最近流行しているオール電化方式の住宅などなど、それに勿論、最重要な建築費用である坪単価や外構工事などを含めた総額費用など、ネットサイトで色々と見ながら情報を得ております。

一番の基本と思われるのが古来の日本建築である木造建築にするか、それともモダンな簡易建築のツーバイ法、又は、最近は何かと地震も多いのでは耐震性のある軽量鉄骨造りにするかを迷ってはいます。 これら建築手法によって建物の種類や建築メーカーなども自ずから決まってきますよね。

さいわい、我が地元には住宅展示公園というのがありまして、地元の工務店や我が国の代表的な住宅メーカーなど、20数社がいろんな建物の見本が見られますので、子供を連れて散歩がてらに、其れでもソレナリに真剣に見たり聞いたり、又、パンフレットを戴いたりしております。

実家の親に言わせれば、地元の工務店の営業に知り合いがいて木造の注文住宅が良いのではないかとの意見具申もあります。 尤も、小生などは地震が嫌いで、是非、耐震性の建物を希望しているのですが。 何れにしてもカミさんの話や周辺の体験者の知人の話など参考意見を聞きながら、最終的には自分が決めたいと思っているところです。